人と食べ物と物が大好きです
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Profile
New Entries
Category
Comments
Archives
Links
Mobile
qrcode
Recommend
Recommend
Search
Others
スタバ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.02.27 Saturday -
- -
energy
 営業先の東京ガスのおっちゃんおばちゃま達からエネルギーの意外な事実について聞いた。

(唐突?笑)



使う瞬間一切のCO2を出さないためecoなイメージの強い電気。
がしかし!

電気を使う時じゃなくて、作る時に着目したい。

日本の電気を作っている割合


日本の発電電力量比率は2007年度時点で
原子力発電 ・・・・ 25.6%
石油 ・・・・ 11.8%
石炭 ・・・・ 25.3%
LNG ・・・・ 27.4%
水力発電 ・・・・  7.6%
その他 ・・・・  2.3%

その他は、その他ガス、LPG、地熱、歴青質混合物など。

        出典:2007年度実績(資源エネルギー庁「電源開発の概要」)
           http://www.kepco.co.jp/knic/post/anser/q1.html




石油石炭て書かれているのはもちろん火力発電所で燃やされているやつら。

石油より石炭の方が安いため、石炭の方が比率が高いんだとか。


低い水力発電が一番環境にいいらしいんだけど、費用対効果(めっちゃ大きいダムを作っても発電がちょぴっと)がほんと少ないため、あまり使えない。


この4割近くの日本の電気を作っている火力発電がべらぼうにCO2を排出する。


In addition!
おそらく全ての地域の話ではないんだけど、
例えば刈谷崎原発→東京 間で
電力が作られて、届くまでに63%が消え、実際使われるのは37%だそう。

この数字の裏は取れなかったので、真偽は謎。






ていう事を含めて考えると、なんとガスの方がecoなんだとか!

ほんまかいな!




以上昔から続く東京ガスvs東京電力の論争でした。

電気の客観的悪口しか書いてませんが。。



(東京電力の方からの反論お待ちしております)
2009.11.26 Thursday -
comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
2010.02.27 Saturday -
- -
comment



Trackback