人と食べ物と物が大好きです
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Profile
New Entries
Category
Comments
Archives
Links
Mobile
qrcode
Recommend
Recommend
Search
Others
スタバ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.02.27 Saturday -
- -
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
お久しぶりです(^^
なんかblog書かなくなりました。習慣の問題ですかね。たまにはアウトプットしていかにゃ!と反省しております。
 

さてさて、半年以上高校の友人から借りっぱなしの本をreviewにしたいと思います。
もうこの表紙の太郎さんの表情でおわかりの通り、きつい内容です。

己を殺せとか、甘ったれるなとか。

でもかなり心にグッときます。他人にも自分にも厳しく、本気で人生を生き抜いてきた彼の精神論にちょっと触れてみましょう。今回は彼の言葉をそのまま載せたいのでまとめないで、引用だけにします。

Q)人類全体が残るか滅びるかという漠とした遠い想定よりも、いま現時点で人間の一人ひとりはいったい本当に生きているだろうかということだ。

 本当に生きがいをもって、瞬間瞬間に自分をひらいて生きているかどうか。

システムのベルトコンベアーに乗せられて己を失って、ただ惰性的に生活をつづけているというのなら、本質的には生きているとは言えない。ならば、人類滅亡論をいうことも意味がないじゃないか。一人ひとりが強烈な生きがいにみちあふれ、輝いて生きない限り。

 たしかに今日の小市民生活は物質的には恵まれている。暮らしは昔に比べてはるかに楽になってはいるが、そのために生命の緊張感を失い、逆に空しくなっている。

 進歩だとか福祉だとかいって、誰もがその状況に甘えてしまっている。システムの中で、安全に生活することばかり考え、危険に体当たりして生きがいを貫こうとすることは稀である。

自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまうのだ。
 己を殺す決意と情熱を持って危険に対面し、生き抜かなければならない。今日の、すべてを虚無化したこの時点でこそ、かつての時代よりも一段と強烈に挑むべきだ。

 強烈に生きることは常に死を前提にしている。死という最も厳しい運命と直面して、はじめていのちが奮い立つのだ。死はただ生理的な終焉ではなく、日常生活の中に瞬間瞬間にたちあらわれるものだ。この世の中で純粋に自分を貫こうとしたら、生きがいに賭けようとすれば、必ず絶望的な危険を伴う。

 そのとき死が現前するのだ。惰性的に過ごせば死の危機感は遠ざかる。しかし空しい。死を畏れて引っ込んでしまっては、生きがいはなくなる。今日はほとんどの人が、その純粋な生と死の問題を回避してしまっている。だから虚脱状態になっているのだ。

 個人財産、利害得失だけにこだわり、またひたすらにマイホームの無事安全を願う、現代人のケチくささ。卑しい。小市民根性を見るにつけ、こんな群れの延長である人類の運命などというものは、逆に蹴り飛ばしてやりたくなる。


 人間本来の生き方は、無目的、無条件であるべきだ。それが誇りだ。

 死ぬのもよし、生きるもよし。ただし、その瞬間にベストをつくすことだ。現在に、強烈にひらくべきだ。未練がましくある必要はないのだ。(UQ

恐ろしいほどまっすぐな人ですね。

こういうストイックな考えに惹かれる自分もいます。

2010.02.27 Saturday レビュー
comments(0) trackbacks(0)
明けましておめでとう2010年♪
 昨年はお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。



今年は色々決意している事があります。
去年悩み考えた末、大変そうでもやりたい事ができる道を進もうと決めました。
今年のこれからの事を考えるとワクワクします♪
詳しくはまた!!




去年christmas(後の26日)に彼氏さんと行ったTDSの画像をupして、あのときの楽しさに浸りながら休みますzzz




海賊が出てきそうです





レストランで聞いたライブ最高でした。
踊りたくなった






結局タワーオブテラーは時間的に乗りませんでした。
怖いの苦手だから助かったw






第一生命が出資しているアトラクションに
大きな不満を抱きつつ岐路へ・・・w
いくらTDRは待つもの、ってわかっててもお客さんにアトラクションがストップした
原因をアナウンスしないと失礼だと思います。
ほんとそこだけは残念でした。




次は久しぶりにbook review♪
2010.01.01 Friday -
comments(32) trackbacks(0)
energy
 営業先の東京ガスのおっちゃんおばちゃま達からエネルギーの意外な事実について聞いた。

(唐突?笑)



使う瞬間一切のCO2を出さないためecoなイメージの強い電気。
がしかし!

電気を使う時じゃなくて、作る時に着目したい。

日本の電気を作っている割合


日本の発電電力量比率は2007年度時点で
原子力発電 ・・・・ 25.6%
石油 ・・・・ 11.8%
石炭 ・・・・ 25.3%
LNG ・・・・ 27.4%
水力発電 ・・・・  7.6%
その他 ・・・・  2.3%

その他は、その他ガス、LPG、地熱、歴青質混合物など。

        出典:2007年度実績(資源エネルギー庁「電源開発の概要」)
           http://www.kepco.co.jp/knic/post/anser/q1.html




石油石炭て書かれているのはもちろん火力発電所で燃やされているやつら。

石油より石炭の方が安いため、石炭の方が比率が高いんだとか。


低い水力発電が一番環境にいいらしいんだけど、費用対効果(めっちゃ大きいダムを作っても発電がちょぴっと)がほんと少ないため、あまり使えない。


この4割近くの日本の電気を作っている火力発電がべらぼうにCO2を排出する。


In addition!
おそらく全ての地域の話ではないんだけど、
例えば刈谷崎原発→東京 間で
電力が作られて、届くまでに63%が消え、実際使われるのは37%だそう。

この数字の裏は取れなかったので、真偽は謎。






ていう事を含めて考えると、なんとガスの方がecoなんだとか!

ほんまかいな!




以上昔から続く東京ガスvs東京電力の論争でした。

電気の客観的悪口しか書いてませんが。。



(東京電力の方からの反論お待ちしております)
2009.11.26 Thursday -
comments(0) trackbacks(0)
人生を好転させる「新・陽転思考」
評価:
和田裕美
ポプラ社
¥ 1,365
(2009-08-22)

久しぶりに読んだ和田さんの本もreviewしたいと思います。
そろそろ和田コーナーがマイ本棚にできそうな程、ファンです♪

・陽転思考を自分のものにする、とっておきの方法はアウトプットすること
という記述があったから最近またblogをupし始めました。


他に素敵!と思った記述


・”おまえは、もっともっと立派な人間になるのだから、もっと強くなれるようにたくさんの挑戦を与えよう”と神様から言われているような気がする瞬間がある。

  大変な事があってもこう考えてどうにかやっていけそうな気がしちゃいます。単純なのでw


・セミナーに参加する人に必ず言うこと

 あなたたちは、自分の意思ではなく会社に言われてここにいるかもしれない。でもこの時間はあなたの時間だし、二度と戻らない時間です。自分には関係ないとか、意味があるとかないとか決め付けると大事な情報も逃します。意味があるかどうかわからないけれど、何かメッセージがひとつでもあると思って聞けばそれはとても有効な時間になるんです。眠い、だるいと思っていたら無意味な時間になってしまいます。私はどっちでもいいんですが、その時間も自分の大事な時間なのです。どのように過ごすかは自分次第です。もう二度と戻ってこない時間です。


「いやいや、私セミナーとか参加しませんし」「私社会人じゃないし」と思ってるそこのアナタ!
重要なのはそこじゃない。
この何でも吸収してやる、っていうハングリー精神です。

ま、人のこと全くいえませんが。


私も明日からまた頑張ります!

2009.11.18 Wednesday -
comments(0) trackbacks(0)
悩む力 (集英社新書 444C)
評価:
姜 尚中
集英社
¥ 714
(2008-05-16)

姜 尚中という人が気になっていて読んだ一冊。
読んでいて気になったセンテンスをいくつか。


・私は青春とは、無垢なまでにものごとの意味を問うことだと思います。
 それが自分にとって役に立つものであろうとなかろうと、社会にとって益のあるものであろうとなかとうと、「知りたい」という、自分の内側から湧いてくる渇望のようなものに素直に従うことではないかと思うのです。

・氷の上を滑るようにものごとの表面を滑っていたら、結局、豊かなものは何も得られないと思います。青春は挫折があるからいいのだし、失敗があるからいいのです。



無垢なまでにものごとの意味を問う行為はいいのか、許されるのか、と読んでいてともて気が楽になった。
2009.11.18 Wednesday -
comments(0) trackbacks(0)
日光2009

去年のほぼ同じ時期に行った日光にまた行っちゃいました♪
もうどこに行ったとかじゃなくて、日光の紅葉を見たり、お気に入りの旅館の仲居さんに会いたいだけのような旅をしてきました。
もちろん去年と同じく彼氏さんとです♪♪



朝5時代くらいのいろは坂のある山より

綺麗だわ〜




中禅寺湖より






どうしても気になったおみやげ「少女子」

しかもこども110番の看板て!




龍王峡1





龍王峡2




なんか頭痛くなってきたのでこの辺で。

2009.11.15 Sunday -
comments(0) trackbacks(0)
インフルのインフルーエンス
 どうもこんばんは、お久しぶりです田中です。
2回分くらい、blogを書いてたはずなんですが、消えていてビックリしています。

さてさて、タイトルでも書きましたが実はインフルエンザにかかりました。
おそらく新型です。
(※季節性か新型かは簡易検査ではわかりません)

そんな訳で会社から1週間お休みを頂いています。


インフルエンザにかかって初めて知ったのですが、
会社によっては家族がインフルだとお休みになったりするそうです。
本人じゃなくて家族が、だよ!
弟の会社は「そっか、、お姉さんにうつされるなよ☆」って感じの対応だったらしいのですが。

家族インフルで会社がお休みになる彼氏さんが、会社の上司に報告したら
「彼女か・・微妙だな。」と言われたとか。
それから職場の方皆様マスクをされたとかで・・・

もちろんうちの会社への迷惑はかなーり感じていたのですが、
まさかここまでご迷惑かけちゃうとは・・・
なんかほんとすんません。



さて、しばらくそんな訳で時間ができるので、
ちょっとblogもupしていこうと思います〜zzz
2009.11.15 Sunday -
comments(0) trackbacks(0)
花粉症
 どうも花粉症に悩まされている田中です。
花粉症かどうかよくわからないので、自分なりに調べてまとめてみました。
(大学のレポートか!)


_嵎瓦亮鑪爐隼期
現在9月に花粉症っぽい症状のアナタ、今旬なのは
ブタクサ・大ブタクサ(8〜11月)
ヨモギ(8〜11月)
カナムグラ(9〜11月)

だそうです。
[東邦大学薬学部 教授 佐橋紀男]参照
http://www.kenbunroku.jp/p/r/content/Page/10110369a9a1e1/qry/cd/1031080ef03fb1


▲屮織サとは

ブタクサの症状・飛散時期


ブタクサ花粉症。ブタクサ(ぶたくさ・ぶた草)はキク科・ブタクサ属の1年草で、アメリカでは5〜15%の人が悩まされているといわれている最も重要な花粉症の原因植物です。

ブタクサ(ぶたくさ・ぶた草)はキク科の中ではヨモギと同じ風媒花で、主にブタクサ、オオブタクサの花粉が原因となります。抗原性はきわめて強く、
1961年に日本で最初の花粉症として報告された、北アメリカ原産の帰化植物です。

ブタクサは雌雄同株、背の高い分枝した雑草で(茎の高さは30〜150cm)、乾燥した野原や牧場、道端、荒れ地、畑の周辺などに生育し、野原ではあまり目立たないようにして咲いています。

ブタクサ花粉の飛散時期は8〜10月(東北以北では8〜9月、九州では9〜10月)で、英名の「hog weed」を直訳しブタクサと呼ばれている、かわいそうな名前の植物です。

ブタクサ花粉症は本州・四国・九州では、スギ花粉症、イネ花粉症についで多くみられていますが、最近は土地開発や空き地の激減で、ブタクサ花粉の飛散数は減少傾向にあり、発症率も低くなってきました。

しかし、ブタクサ花粉症の人は、メロン、スイカ、カンタローブ、ズッキーニ、キュウリ、バナナなどを食べると、口のまわりやのどがかゆくなったり、目が腫れるなどの果物過敏症(食物アレルギー症状・口腔アレルギー症候群)を併せ持つ人が多いことが問題です。

近年、ブタクサハムシという甲虫が北アメリカから帰化してブタクサを食い荒らしており、関東近辺ではめっきり数を減らしていますので、ブタクサ花粉症の方にとっては朗報かもしれません。


花粉症治療と症状別対策 参照
http://www.kafun-taisaku1.com/2006/01/post_7.html




ちなみに

ぶたくさの画像1



その2




よもぎ

画像その1



その2




よもぎの花粉がダメな人=よもぎもちが食べられない
かと思いましたが、花粉とはっぱはたぶん別だよね?








以上花粉についてでした。


目が痛いよーーーー!!
2009.09.13 Sunday -
comments(0) trackbacks(0)
四国

お久しぶりです今晩は。
今日はこっそり四国に行っていた時の画像をupします♪

鳴門海峡のうずしお 1

 

うずしお 2



鳴門海峡でのうずしおがない場所にて
凄い差だよねー



うどん巡礼



なかむら うどんの
かまあげ

めっちゃ美味しかったです



やまうちさん




のかけうどん(小)

おうどんのこしが強くてそれはそれは美味でした。

このお店も並んでいる人がいましたが、さっきのなかむらうどんは30分は並んだよ><



お店の名前が思い出せないけど頂いたおうどん



の3杯をお昼ご飯に頂きました♪笑



四国は自然が多くて癒されました





金比羅山




登山(?)は正直結構きつかったです
相方様としりとりしながら登ったのが面白かったなぁ



あちらで食べたさぬきうどんで一番おいしかったお店が。。












こちらのこんぴらうどんさん、
メインはお店ではなく製麺所と思われます

麺がこしの強さも硬さもちょうどよく、つゆもダシがきいていてべらぼーに美味しかったです。
朝ご飯に2杯食べて大量にお土産を買って帰りました♪



小学生の絵日記みたいな日記になっちゃったw

2009.09.13 Sunday -
comments(0) trackbacks(0)
親から自分をとり戻すための本―「傷ついた子ども」だったあなたへ (朝日文庫)
評価:
マーガレット ラインホルド
朝日新聞社
---
(1999-06)
コメント:フランス、イギリスで出会った、親によって苦しめられて育つ子どもたち(成人含む)が、どんな理由によりどんな影響を受けて育ったか、をまとめた本。

 
自分がどれだけ恵まれた環境で育ったかと思わされました。

会計士の勝間和代さんが著書の中でおすすめしていたのが気になって読んでみました。
いつだったか私がレビューとして書いた、ソシオパスという遺伝的に良心が欠落している人たちが育てた子どもはどう育つか、という観点から読んでみました。


読んでると暗くなるので、あまり梅雨の時期にはおすすめしたくない一冊。

2009.06.22 Monday -
comments(0) trackbacks(0)
: 1/20 : >>